J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年08月号

CASE 2 サントリーホールディングス 意識と働き方を変革 周囲を巻き込み “フルモード”の活躍を応援

手厚い子育て支援策を打ち出すサントリーホールディングス。
テレワークやフレックスタイム制など、働き方の柔軟性も高い。
しかし、子育て中の社員に“ 甘い”会社かというと、そうではない。
働きやすさを追求する一方、どんどん仕事を任せ、組織ぐるみでキャリアアップを応援する仕組みが特徴だ。

残り:3,467文字

/

全文:4,622文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


弥富洋子氏 人事本部 ダイバーシティ推進室 室長
竹舛啓介氏 人事部 課長

サントリーホールディングス
創業1899 年。酒類や飲料を中心に幅広い事業をグローバルに展開。その原動力は、創業以来、脈々と受け継がれる「やってみなはれ」の精神。人々の豊かな生活の実現に貢献することをめざし、新たな価値の創造に向けて挑戦を続けている。
資本金:700億円(2015年12月31日現在)、連結売上高:2兆6868億円(2015年12月期)、連結従業員数:4万2081名(2015年12月31日現在)

[取材・文]=崎原 誠 [写真]=編集部