J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年08月号

CASE 1 千葉銀行 男性の育児参加も強力に後押し “お互いさま”の精神を育む 意識・行動改革を積極展開

1986年に、日本の銀行で初めて女性を支店長に登用した千葉銀行。
最近では、佐久間英利頭取が「輝く女性の活躍を加速する地銀頭取の会」の設立を主導するなど、金融機関における女性活躍推進のフロントランナーとして知られる。
同行が重視しているのが、男性・女性双方の意識・行動改革だ。
“お互いさま”の精神を醸成することで、不公平感なく、積極的に支援し合う風土を築いている。

残り:3,541文字

/

全文:4,721文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


山本悠介氏
ダイバーシティ推進部 調査役

千葉銀行
1943年設立。千葉県を主要な営業基盤とする地方銀行で、預金残高11兆1402 億円、貸出金残高8兆7974億円は、共に日本の地方銀行で第2位の規模。千葉県に160店舗を有するほか、東京、茨城、埼玉、大阪にも店舗があり、海外ではニューヨーク、香港、ロンドンに支店を置いている。
資本金:1450億円、総資産:13兆2658億円、従業員数:4280名(2016年3月31日現在)

[取材・文]=崎原 誠 [写真]=千葉銀行提供、編集部