J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年04月号

Column 成熟社会とSNS文化が彼らを「大人しく」した! 今どきの若者との向き合い方

現在の若手社員が産声を上げた1990年代以降に起こった出来事といえば、バブル経済の崩壊にIT 革命、さらにはイラク戦争やリーマンショック、東日本大震災など、ショッキングなものばかり。
低成長時代に生まれ育った彼らの価値観や仕事観とは。
現代の若者の心をよく知る、原田曜平氏に聞いた。

残り:1,890文字

/

全文:2,520文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


原田曜平( はらだ ようへい)氏
博報堂ブランドデザイン 若者研究所 リーダー
1977年東京都生まれ。慶應義塾大学商学部卒業後、博報堂入社。ストラテジックプランニング局、博報堂生活総合研究所、研究開発局を経て、現職。
2003年JAAA広告賞・新人部門賞を受賞。著書に『近頃の若者はなぜダメなのか』(光文社)、『さとり世代̶盗んだバイクで走り出さない若者たち』(角川書店)など。現在、テレビ番組『ZIP!』(日本テレビ系)、『新・情報7DAYSニュースキャスター』(TBS系)などでコメンテーターを務める。

[取材・文・写真]=田邉泰子