J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年04月号

OPINION1 今どき社員の“意欲の源”とは モチベーションを上げる 「歩み寄り」と「未来志向」

組織や上司は、若者の成長のためにその“やる気”を刺激する策を講じなければならない。
しかし、若者のモチベーションは多様化しており、どうすればやる気を引き出すことができるのか、頭を悩ませる人事担当者は多い。
若手社員のモチベーション・マネジメントの方法を聞いた。

残り:3,287文字

/

全文:4,382文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


菊入 みゆき(きくいり みゆき)氏
JTBモチベーションズ ワーク・モチベーション研究所長/明星大学 特任教授
筑波大学大学院人間総合科学研究科博士前期課程修了。カウンセリング修士。
JTBモチベーションズ設立時より、モチベーション研究、調査、商品企画に注力。
特に内発的動機づけの促進、キャリアとモチベーション、組織におけるモチベーションの伝播などについて研究およびコンサルティングの実績を積む。著書に『事例に学ぶ!モチベーション・マネジメント-組織活性化の処方箋』など多数。







大内 亮(おおうち りょう)氏
JTBモチベーションズ モチベーションコンサルティング局 コンサルタント
大学卒業後、ヘッドハンティング会社の人財プロデューサー、ベンチャー企業の立ち上げ等の経験を経て、2008 年に同社に入社。以後、ワーク・モチベーションの維持・向上に関するプロジェクトを幅広く企画・運営する。主なテーマは「若手社員とその管理者の育成」「チーム力向上」など。

(JTBモチベーションズは2016年4月よりJTBコミュニケーションデザインに社名変更)

[取材・文]=大沢玲子、[ 写真]=編集部