J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年05月号

特別座談会 ~組織開発とポジティブメンタルヘルスの出会い~ みんながやる気で、成果も上がる組織づくりに人事ができること

メンバーがそれぞれの強みを活かしながらいきいきと仕事し、互いが協力し合う―
活性化した組織にはポジティブなムードが漂い、生産性も高まる。
しかし、理想の組織づくりとなると、一筋縄ではいかないのが現実だ。
今の企業の「組織づくり」の課題はどこにあるのか。
企業の実務家とメンタルヘルスのプロ、そして組織活性化の第一人者の3人が、それぞれ違う視点で語り合った。

残り:4,786文字

/

全文:6,381文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

【参加者】
西出恵美氏 日産自動車 アライアンスR&D人事部 R&D人財育成グループ(左)
日産自動車入社後、2001年に人事課教育グループへ。以来、社内の人材開発や組織開発、イノベーション創発に向けての施策や企画の立案、運営などを手がける。2004年以降R&D部門対象に「学習する組織」のプログラムを担当。この他、「ラーニング・オーガニゼーション研究会」や「企業間フューチャーセンター」、「ATDグローバルネットワークジャパン」、「組織開発研究会」など企業の垣根を越えた団体に所属し、組織活性化に向けた情報交換や「成長する組織」の普及に努める。

島津明人氏 東京大学大学院 医学系研究科(精神保健学分野) 准教授(中央)
早稲田大学大学院文学研究科修了後、同大学文学部助手、広島大学大学院教育学研究科専任講師、助教授、ユトレヒト大学社会科学部客員研究員などを経て、2006年より現職。「ワーク・エンゲイジメント」、「ストレス対策」をはじめ、企業組織における人々の活性化・メンタルヘルスを研究している。著書に『ワーク・エンゲイジメント ポジティブ・メンタルヘルスで活力ある毎日を』(労働調査会)など。

香取一昭氏 組織活性化コンサルタント(右)
1967年日本電信電話公社(現NTT)入社後、NTT各社を経て、2004年から2008年までNTT 西日本の常勤監査役を務める。「学習する組織」の考え方に基づいた組織変革を推進し、現在は、組織活性化コンサルタントとして一連のワークショップ手法の普及活動を展開。マインドエコー代表。日本ファシリテーション協会フェロー、ATDグローバルネットワークジャパン理事、IAFジャパン理事。
著書に『ワールド・カフェをやろう!』(日本経済新聞出版社)など。

【司会】編集部

[取材・文]=田邉泰子 [写真]=編集部