J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年02月号

JMAM 通信教育優秀企業賞 表彰企業事例報告 マツモトキヨシホールディングス 「マツモトキヨシWAY」に基づき段階的に教育機会を提供し次世代のリーダーを育成

「美と健康の分野(ヘルス&ビューティー事業)」に特化した経営戦略で「売上高1兆円企業」をめざすマツモトキヨシホールディングス。同社は「社員一人ひとりが成長することで、会社が成長する」という信念に基づき、自己啓発を能力開発の柱の1つに据えている。加えて、通信教育とアセスメント試験を昇格要件として導入。2014年度からはさらに次世代リーダー育成にもその施策を広げ、集合研修とも連動させて活用している。

残り:2,998文字

/

全文:3,997文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

小部(おべ)真吾氏 執行役員 人事部長
マツモトキヨシホールディングス
1932年、創業者の松本清氏が千葉県松戸市に個人経営の松本薬舗を創設。同店がマツモトキヨシホールディングスの前身である事業会社マツモトキヨシの礎となる。1954年、法人組織化。アメリカで学んだチェーンストア理論を取り入れて多店舗化を推進し、1987年には都市型ドラッグストアの先駆け「上野アメ横店」をオープン。1990年に株式を店頭公開、2007年、マツモトキヨシホールディングスを設立し、業界シェア10%、グループ店舗数2000店、売上高1兆円をめざして邁進中。
資本金:220億5100万円、売上高:4953億8500万円、連結従業員数:正社員6089名、パート8527名(8時間換算)、計1万4616名(2014年3月末現在)
文/井戸沼尚也 写真/マツモトキヨシホールディングス提供、井戸沼尚也