J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年02月号

連載 中原 淳の学びは現場にあり 第29回 「みて、触れて、考える」を実践する看護師の育成法 大学病院の看護師さんたちの学び

少子・高齢化と共に、医療の高度化が進む日本では看護師のニーズが高まり、医療現場では看護師不足が問題になっています。
そうした中、若手看護師の育成は看護の現場における課題のひとつ。
そこで、看護師の育成に力を入れる東京大学医学部附属病院の看護部を訪ね、看護師さんたちの現場の学びについて取材しました。

残り:3,582文字

/

全文:4,776文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

中原 淳(Jun Nakahara, Ph.D.)氏
東京大学 大学総合教育研究センター准教授。著書に『職場学習論』『経営学習論』
『活躍する組織人の探究』『研修開発入門』『駆け出しマネジャーの成長論』など多数。
Blog: http://www.nakahara-lab.net/blog/ Twitter ID: nakaharajun
[取材・文] = 井上佐保子 [写真] = 眞嶋和隆