J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年04月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 人材育成の中で伝えつなぐ創業者の魂

『人間尊重』を理念に掲げる出光興産。
上場を果たした2006年までは勤務時間管理もなく、社員には若いうちから責任ある仕事を任せる。そこには、“組織に管理される人間になるのではなく、何事も自ら判断し、働く中で尊重される人間へと育ち、社会に貢献してほしい”という願いが込められている。人事部の古池勝義氏はそんな出光の理念を肌で感じ、次の世代へと引き継ぐ者の一人だ。「教育・育成の仕事を全うして、私を大事にしてくれた会社に恩返ししたい」。販売職をキャリアアンカーとして見据えていた同氏が、なぜ人事の道へと進んだのか。その道程と思いを聞いた。

残り:3,752文字

/

全文:4,690文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール



古池 勝義(Katsuyoshi Koike)氏
1984 年入社。金沢支店経理課配属。石油ガス課、関係会社営業部を経て、1992年横浜支店販売課、1997年人事部店主室。2002年アポロサービス(現・アポロリテイリング)中国営業所長に着任後、組織改編のため出光興産中国支店リテール開発課長に。2004 年人事部教育課、2006年北海アポロ統括部長、同年人事部教育課、2012年人事部主任部員就任。
取材・文・写真/高橋真弓

出光興産
1911年、福岡県門司で出光商会(同社前身)として創業。基幹事業は石油の輸入、精製、販売、および石油化学製品の製造・販売。さらに、油田・鉱山開発や、製油所・石油化学工場の操業技術の輸出など、海外展開にも注力。現在では電子材料、アグリバイオなど、幅広い事業を展開している。非上場の大企業として知られていたが、開かれた企業をめざし、2006 年に東証一部に上場。資本金:1086 億円、連結売上高:4兆3103 億円、従業員数:8243 名(2012年3月末現在)