J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年04月号

Opinion 1 マインドセットは変えられる 舞台づくりと適切な評価で シニアの意欲を刺激する

高年齢者雇用安定法の改正により法律で雇用が維持されることに安住し、
自己を高める意欲を失うシニアたち。企業からは、彼らへの対応を懸念する声が聞こえてくる。
だが問題はシニアの心の持ちようだけではない。
彼らの意欲をそぐ原因は企業の体質にもあった。
シニアが積み上げてきた能力を企業の力へと転化させるには――。
これまで、シニアのマインドセットやシニア雇用の実態について、
100名以上のインタビュー経験を持つNTTデータ経営研究所の加藤真由美氏に聞いた。

残り:3,602文字

/

全文:4,502文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

加藤 真由美( かとう まゆみ)氏
日本アイ・ビー・エム、国際航業を経て現職。定量分析を含む組織風土改革、シニア・ミドル人材育成、ダイバーシティ・65歳雇用延長関連コンサルテーションなどを手がける。社団法人産業カウンセラー協会認定「産業カウンセラー」、NPO生涯学習認定「キャリア・コンサルタント」としても活躍。
[取材・文]=髙橋真弓 [写真]=NTTデータ経営研究所、株式会社いろどり 提供