J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年05月号

内省型リーダーシップ 優れたリーダーは 内省をしている

環境変化の激しい現在では、社員全員にリーダーシップの発揮が求められ
ています。ところが、どうしたらリーダーシップを身につけることができ
るのか、明確な解がまだ見つかっていないのも事実。そこで本連載では、「自
分を見つめること」=「内省」がリーダーシップを育てるうえで効果的で
ある、という最新の研究結果をもとに、新しい“内省型リーダー”のあり
方を解説していきます。

残り:3,769文字

/

全文:5,025文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


八木 陽一郎氏(やぎ・よういちろう)
組織行動学を専門とし、「内省と対話」による
リーダーの成長、組織変革などの研究を行う。
2007年より、現職および慶應義塾大学SFC研
究所上席所員に就任。2010年より、NPO法人
ソーシャルベンチャーズ四国の共同代表およ
び理事。