J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年10月号

企業事例2 石川サンケン 通信教育にプラスアルファの工夫で「全社員が中核人材」をめざす

各種エレクトロニクス製品に使われる半導体を生産する
アセンブリーメーカー、石川サンケン。
同社では工場全体の生産レベルを向上することをめざし、
社内での等級認定制度と通信教育を活用しているが、
そこにはただ通信教育受講を促すだけではない、独自の工夫があった。

残り:2,866文字

/

全文:3,583文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

福田 靖 >> 石川サンケン 総務人事部人事課リーダー

石川サンケン
1978年設立。各種エレクトロニクス製品のパワー部分に使われる半導体を生産するアセンブリーメーカー。サンケン電気グループの一社として、半導体製造の中核を担う。
資本金:9550万円、従業員数:1258名、売上高:341億円(2011年度)。

[取材・文] = 梶 文彦