J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年08月号

Opinion 2 必要なのはリーダーシップ教育 自ら考え判断し行動する経験を与え 抱え込ませない配慮をせよ

就職氷河期世代の新任マネジャーは、後輩を指導した経験が少ない。にもかかわらず、短期の成果を求められている。こうした環境に置かれた新任マネジャーは何をすればいいのか。また、そうした新任マネジャーを支えるために、人材開発部門は、どのような支援を行えばよいのだろうか。
 ASTD日本支部理事兼リーダーシップ開発委員会委員長を務め、『マネジャーになってしまったら読む本』の著者でもある永禮弘之氏に聞いた。

残り:3,531文字

/

全文:4,708文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

永禮 弘之(ながれ ひろゆき)氏
化学会社の営業・営業企画・経営企画、外資系コンサルティング会社のコンサルタント、衛星放送会社の経営企画部長・事業開発部長、組織変革コンサルティング会社の取締役などを経て現在に至る。建設、化学、自動車、電機、小売、ホテルなど幅広い業界の企業に対し、10,000人以上の経営幹部、若手リーダーの育成を支援。ASTD日本支部理事、リーダーシップ開発委員会委員長も務める。著書に『マネジャーになってしまったら読む本』(ダイヤモンド社)、『ビジネススクールで身につける 問題発見力と解決力』(共著、日本経済新聞社)等、連載には『日経ビジネスアソシエ』の「MBA講座」などがある。

[取材・文]=赤堀 たか子 [写真]=本誌編集部