J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年08月号

Opinion 1 “追いつめない”支援のススメ 「弱さ」を認めるところから始まるマネジャー育成

バブル崩壊後の就職氷河期時代に就職した30代、40代が管理職となり、「新任・若手管理職が育たない/成果を上げられない」という声が聞かれるようになってきた。
 中原淳氏は、過去数年の実証研究に基づき、新任・若手管理職を育成するためには、「人事・育成担当者、さらには経営者が管理職育成についての意識を変える必要がある」と話す。人事・育成担当者は、マネジャーの成長に対してどのような支援ができるのだろうか。

中原 淳(なかはら じゅん)
東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院 人間科学研究科、米国・マサチューセッツ工科大学客員研究員等を経て、2006年より現職。大阪大学博士(人間科学)。「大人の学びを科学する」をテーマに、企業・組織における人々の学習・コミュニケーション・リーダーシップについて研究している。専門は経営学習論(Management Learning)。著書に『職場学習論』(東京大学出版会)、『経営学習論』(東京大学出版会)など、共編著に『企業内人材育成入門』(ダイヤモンド社)、『プレイフル・ラーニング』(三省堂)など多数。働く大人の学びに関する公開研究会 Learning barを含め、各種のワークショップをプロデュースしている。

[取材・文]=井上 佐保子 [写真]=株式会社Trinity

マネジャー育成支援の重要性

私は、マネジャーとしての成長は「弱さ」から始まる、と考えている。「弱さ」などと言うと「できないマネジャーをどう底上げするか」といった趣旨の話かと誤解されることもあるが、そうではない。ソロプレイヤー時代には優秀な成果を上げられる人であっても、マネジャーになった当初はできないこともあるし、不安や課題がある、ということである。この「できなさ」「不安」といったものを「弱さ」という言葉で喩えている。「初めはできないこともある。できないことは学ぶ必要がある」という前提で新任・若手マネジャー育成を捉え、マネジャーがより強く成長できるような支援が必要だ。私がマネジャーに関する研究を始めたのは数年前のこと。きっかけは、同世代の友人たちが次々と管理職となり、一様に不安や課題を抱えながら悩んでいたことだった。

昇進は本来喜ばしいことのはずなのに、なぜ彼らは悩みを抱えているのか。人材育成に関する既存の調査でも、マネジャー育成は近年、経営上の課題として常に上位に挙がっている※1。

「マネジャーになる」ということは新しいことに挑戦することであり、そのことに対する不安は、今も昔も変わらないはずだ。しかし、調べていくうち、組織や職場の変化が、マネジャーになることをこれまで以上に難しくしている面があることがわかってきた。私は、今、新任・若手マネジャーに起きている問題は、「トランジション(役割移行)」の問題だと捉えている。社会の変化が大きくなればなるほど、その歪ひずみは「役割移行の問題」に現れる。学生から社会人への移行の難しさが、新人の問題であり、ソロプレイヤーからマネジャーへの移行の難しさが、新任・若手管理職の問題となっているのだ。いずれにしても、社会システムが大きく変化する時、ものごとの境目、際にあるものは犠牲になりやすい。

マネジャー受難の時代

それでは何がマネジャーになることを難しくしているのだろうか。その理由の1つは、マネジャーへの移行が「突然化」しているということだ。以前は、管理職になる前に、次長、課長、課長代理、課長補佐といった役職があり、「管理職代行経験」を積むことで、マネジャーへの移行は段階的に少しずつ行われていた。ところが、組織がフラット化し、こうした中間的な階層が廃止された結果、トレーニング期間がないまま、メンバーからいきなりマネジャーになる、というケースが増えている。また、職場の「多様化」も原因だ。以前は男性正社員を中心とした均質化されたメンバーばかりだったが、今や雇用形態、国籍、年代の異なる人たちに対処しなければならない。さらに、成果を求める風潮の中で、マネジャーという肩書きが、マネジメントだけを行うポジションではなく、単なる役割の1つと化してしまった「役割化」の流れもある。今やマネジャーといっても、プレイングマネジャーが大半を占めており、上手に「プレマネバランス」を取って両方の役割をこなしていかなければならないのだ。さらに、最近ではコンプライアンス、個人情報保護、部下へのメンタルケアなど、マネジャーとしての業務が増え続けている。業務量増加による「多忙化」もあいまって、マネジャーになることは、もはや「面倒な役割が1つ増えただけ」と否定的に捉えられている側面もある。

では、「マネジャー受難時代」の新任マネジャーたちは、具体的にどのような不安・課題を抱えているのだろうか。中原淳+日本生産性本部「マネジメントディスカバリー:マネジャーへの役割移行と発見に関する調査」※2の結果によると、新任・若手管理職の抱える不安は大きく分けて4つある。

1.業務量不安…業務量増加に対する不安

2.板挟み不安…上司を納得させ、部下を動かすことに対する不安

3.目標達成不安…職場の目標、ノルマ達成に対する不安

4.現場離脱不安…現場感覚を失うことに対する不安

そして、こうした不安を抱えた新任・若手管理職が直面している課題は次の7つだ。

1.部下育成2.政治交渉3.意思決定4.戦略・目標咀嚼5.多様な人材活用6.マインド維持7.プレマネバランス

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:2,472文字

/

全文:4,944文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!