J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2021年01月刊

特集│HR TREND KEYWORD 2021│人事│カルチャーモデル カルチャーを意図的につくり、 強い組織へと導く設計図

コロナ禍は「変化への対応力」を企業に問う結果となった。
変化に強い組織の特徴は何か―。
取材を重ねるなかで見えてきたのが「カルチャー」の存在である。
カルチャーとはどのように生まれ、どう影響するのか。
組織開発やカルチャー醸成の支援に取り組む唐澤俊輔氏に聞いた。

唐澤俊輔(からさわ しゅんすけ)氏
Almoha LLC, Co-Founder COO

慶應義塾大学法学部卒業後、日本マクドナルドに入社、28歳にして史上最年少で部長に抜擢。会社のV字回復に貢献する。
その後、メルカリで人事・組織の責任者、SHOWROOM にてCOOを務めたのちAlmoha LLCを起業。
組織開発やカルチャー醸成のコンサルティングおよび、組織開発のためのサービスやシステムの開発に取り組む。グロービス経営大学院客員准教授。
著書は『カルチャーモデル 最高の組織文化のつくり方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。

[取材・文]=村上 敬 [写真]=唐澤俊輔氏提供

リモートワークの広がりとともにコミュニケーションがとりにくくなり、組織としてどのようにベクトルを合わせていくのかが課題になっている。そうした流れのなかで注目を集めているのが、組織を貫く「カルチャー」の存在だ。『カルチャーモデル 最高の組織文化のつくり方』の著者であり、複数の企業で組織文化づくりに携わってきた唐澤俊輔氏は次のようにカルチャーを定義する。

「どの企業も、根底には自分たちが大切にしているものがあり、それと連動する形で採用や福利厚生といった人事制度の運用を行っています。単に根底にある理念だけを指すのではなく、組織のあらゆる活動をとおして積み上がったものが“カルチャー”なのです」(唐澤氏、以下同)

カルチャーは意図してつくるもの

カルチャーは企業活動の積み上げで醸成されるものだと聞くと、コントロールできないものだと考える人もいるだろう。しかし、それは勘違いであり、その勘違いが企業に不幸をもたらすケースもある。

「カルチャーは自然にできあがるものととらえて意図的につくる取り組みをしないと、思いもつかない悪い組織風土が根づく恐れがあります。たとえば上の人にものを言いにくいカルチャーができてしまえば、事故が起きてもすぐに報告しなかったり、業績の数字を改ざんして上にあげたりという事態を招きかねない。東芝の不適切会計はまさにこうしたカルチャーが温床になっていました」

カルチャーの設計を放棄してダメージを受けるのは企業だけではない。組織で働く人も疲弊して離職につながる場合がある。

「フラットなカルチャーだと聞いて入社したのに、実際はヒエラルキーの強い組織だったとしたら、その人にとってはストレスのある職場環境でしょう。企業があえてウソをついたなら論外ですが、企業自身はフラットと思っていても、現場は違っていたというケースが少なくありません。後者のようなギャップができるのは、カルチャーを可視化して全社で共有できていないからです」

ジョブ型雇用にも欠かせない

企業が先手を打ってカルチャーづくりをする必要性は、ニューノーマルの時代においてますます高まっている。コロナ禍をきっかけに広がったリモートワークだが、多様な働き方にも対応できる一方で、弊害もある。唐澤氏は次のように指摘する。

「1カ所に集まって仕事をしているときは、お互いに雑談をしたり、向こうで話している人の会話が漏れ聞こえたりして、その会社の空気感をなんとなく把握することができました。

しかし、リモートではその空気感を感じることができません。その結果、それまで暗黙の了解で進んでいたものについてもきちんと説明することが求められるようになります。この説明に要する手間や時間が、組織全体の生産性を落としてしまう。何か意思決定する際にも、前提の議論に時間を取られて先に進まないという事態が多発するでしょう」

そこで重要になるのがカルチャーの存在だ。

「たとえば『お客様第一』というカルチャーが可視化されて浸透していたら、意思決定の際に『それは、コストがかかる』、『いや、従業員満足度が……』と論点がズレていくこともないでしょう。リモートワークで空気感をつかみづらくても、同じ目的に向かった議論ができるはずです」

ニューノーマルでジョブ型雇用導入の動きが出てきたが、カルチャーはジョブ型雇用にも欠かせない。

「リモートになると1カ所に集めてマネジメントできません。今後、働き方はある程度の裁量を与えられた自律分散型が主流になっていくでしょう。ただ、自由に任せると、本来進むべき方向ではないところに物事が進んでしまう場合があります。それを防ぐには、カルチャーを可視化して『ここからここまで』とガイドしてあげる必要があります。

また、自律分散型に適した雇用制度としてジョブ型が注目されていますが、ジョブディスクリプションさえ決めればうまく機能するわけではありません。ジョブ型に移行すると、多様な背景・考え方をもつ人材が入社してくるため、カルチャーを共有し根底の価値観を揃えておく必要があります」

自社のカルチャーモデルを可視化するには?

問題は、カルチャーをどのように設計するかだろう。組織のあらゆる活動に影響するのがカルチャーだ。そこで参考にしてもらいたいのが、唐澤氏が提唱する「カルチャーモデル」である。

「事業においてビジネスモデルがあるように、組織についてもその会社に適した『カルチャーモデル』があります。事業(ビジネス)と組織(カルチャー)は企業の両輪なのに、これまで企業はカルチャーモデルを可視化してこなかった。カルチャーを重視するなら、自社のカルチャーモデルを意識すべきです」

唐澤氏はこれまで日本マクドナルド、メルカリ、SHOWROOMの3社に在籍したが、それぞれにカルチャーの中身は異なっていたという。

「日本マクドナルドは、生産性を高めるために現場のマニュアルが細かく決まっていて、経営はトップダウン。それに対してメルカリは、現場に権限を委譲する自律分散型のカルチャーでした。さらにスタートアップのSHOWROOMは、細かな決まりはないものの、カリスマ起業家である前田裕二さんが組織を引っ張っていました」

これらの企業のように、自社のカルチャーモデルを明らかにして、それにふさわしい組織構造や人事制度にすることで、組織のカルチャーは強化されていく。では、自社のカルチャーモデルをどのように把握すればいいのか。カルチャーモデルは企業によって異なるものの、実は構成する要素は変わらない。それに気がついた唐澤氏が要素を整理してフレームワーク化したのが、カルチャーモデルの「7S」(図1)だ。

「マッキンゼーが提唱する組織運営に関するフレームワーク『7S』にヒントを得てつくりました。カルチャーモデルの7つのS とは、スタンス(組織としての在り方)、シェアドバリュー(行動指針)、ストラクチャー(組織の構造・形態)、システム(制度)、スタッフ(人の採用や育成)、スキル(組織としてのスキル・強み)スタイル(組織風土)のこと。まずはこれに当てはめて整理すれば自社のカルチャーモデルが可視化できます。またカルチャーを見直したり新たなカルチャーをつくったりする際には、設計図としても利用できます」

カルチャーを新たにつくり直す際を例に、全体の構造を説明しよう。真っ先に考えるべきは、カルチャーづくりの戦略を左右する「スタンス」だ。

「戦略とは戦いを略す、つまり“やらないことを決めること”です。組織づくりの際みんなにいい顔をしようと総花的に何でも取り入れるケースがありますが、それではカルチャーの方向性が定まりません。まずは自社の経営スタンスを明確にする必要があります」

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:2,427文字

/

全文:4,853文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!