J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2021年01月刊

特集│HR TREND KEYWORD 2021│人│セルフアウェアネス 鍵はフィードバックにあり。 他者を通じて自己を知る

近年、「セルフアウェアネス」という概念が注目を集めている。
自己認識、自己理解の大切さは、古くから言われてきたことであるが、なぜいま、あらためて重要視されているのだろうか。
ニューノーマル時代のセルフアウェアネスについて立教大学経営学部教授の中原淳氏に聞いた。

中原 淳(なかはら じゅん)氏
立教大学 経営学部 教授

立教大学経営学部教授。立教大学経営学部ビジネス・リーダーシップ・プログラム(BLP)主査、立教大学経営学部リーダーシップ研究所副所長などを兼任。
東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科、メディア教育開発センター、米国・マサチューセッツ工科大学客員研究員、東京大学講師・准教授などを経て、2018年より現職。
著書に『職場学習論』、『経営学習論』(共に東京大学出版会)、『研修開発入門』(ダイヤモンド社)、『マンガでやさしくわかる部下の育て方』(JMAM)など多数。

[取材・文]=井上 佐保子 [写真]=宇佐見 利明

リーダーに必要な自分を認識する力

「セルフアウェアネスとは、『自己を認識する』ということなので、概念としては難しい話ではありません。ただ実際にそれを達成するのは、ものすごく難しいことです。なぜなら、自分のことはよくわかっているようで、一番わかっていないものだからです。私たちは自分の顔ですら、鏡がなければ自分で見ることができません。同様に、自分が認識している自分とは別に、他者という鏡を通じてしか認識できない自分があり、そこにはどうしても、ズレが生じます。そのズレを補正しながら、自分を正しくとらえていくことの重要性が高まってきている、ということなのだと思います」(中原氏、以下同)

いま、「セルフアウェアネス」を意識すべき理由について、中原氏はまずこう語る。

そして、セルフアウェアネスの重要性は、リーダーシップの文脈で語られることが多い。スタンフォード大学経営大学院の顧問委員会75人に対して「リーダーが伸ばすべきもっとも重要な能力は何か」と尋ねたところ、もっとも多く挙がったのがセルフアウェアネスだったという調査結果もある。リーダーにとってなぜセルフアウェアネスが重要なのだろうか。

「リーダーシップとは、目標に向かってチームを動かすこと、つまり、他者に影響力を行使して動かしていくことです。これを実行するときに、日ごろの言動と矛盾したことをしたり、自分の持ち味、キャラと違うことをしたりする人には誰もついていきません。リーダーは、自分の強みや弱みを見極めつつ、自分らしいリーダーシップを発揮しなければならない。だから、自己認識、セルフアウェアネスが重要だ、というわけです」

これまでリーダーシップの言説では、リーダーシップをP(目標達成)機能とM(集団維持)機能の二軸でとらえるPM理論や、「仕事志向」と「人間志向」でとらえるSL理論など、リーダーの「行動」に着目したものが多かった。リーダーはどんな行動を取るべきかが重視されてきたのだ。しかし、表面的にリーダー行動をまねたところで、その人自身と一致していなければ、リーダーシップは発揮されない。重要なのは「Doing(行動:いかに行動するか)」ではなく、「Being(自らがいかなる存在か)」であろう。

「いま、多くの組織で360度評価や多面評価が行われているのも、それが理由です。他者から見たリーダーの振る舞いやそのあり様を定期的にフィードバックしていき、リーダーにセルフアウェアネスを促そうというわけです」

また、近年注目されている「シェアードリーダーシップ」においてもセルフアウェアネスの重要性が指摘されている。シェアードリーダーシップとは、1人のリーダーがチーム全体を率いるのではなく、正解がないような課題に対して、様々な専門分野をもった人たちが集まり、それぞれの専門性を発揮してチームを前に動かしていくようなリーダーシップの在り方である。

「シェアードリーダーシップにおいても、自分の専門性や自分の行動特性についての自己認識ができていないと、他者への影響力を発揮することができず、チームに貢献することはできないのです」

長期化する仕事人生を全うするために

セルフアウェアネスは、個人のキャリア開発という側面でも重視されている。特に転職など人生の節目を迎えるにあたって、セルフアウェアネスは不可欠だ。

中原氏がパーソル総合研究所とともに行った転職に関する調査研究によると、セルフアウェアネスは、内定決定率、転職後満足率の双方と高い相関関係にあるという。

トヨタ自動車の豊田章男社長が「終身雇用を守っていくのは難しいと発言するなど、日本型雇用の柱の1つであった終身雇用が揺らぎつつあるいま、働く個人にとって、転職はこれまで以上に身近なものとなってきている。

「誰もが転職カードを片手に持ちながら働くことが求められている時代です。転職で一番重要なことは、自分を知ること。自分のやってきたこと、自分の強みや弱み、これから自分がやりたいことなどを、自分で正しく認識していなければ“転職漂流”してしまいます」

仕事人生が長期化していくにつれ転職の機会がこれまで以上に増えていくことは間違いない。組織に寄りかかることなく、いつでも転職できる状態を保つためには、日ごろからセルフアウェアネスを高めておく必要がある。

「就活のときは自己分析が必須といわれ、誰もが取り組みますが、働き始めると、この半年何をやってきたのか、いま何ができるようになっているのか、などと振り返ることすらしなくなります。50年にもなるかもしれない長い仕事人生を全うするためにも、自分と向きあうこと、セルフアウェアネスを大事にしていったほうがいいでしょう」

組織にとっても必要な社員のセルフアウェアネス

組織がキャリアを丸抱えする時代が終わりつつあるなか、社員のセルフアウェアネスを高め、キャリア自立を促していくことは、組織にとっても必要なことになるのではないかと中原氏は指摘する。

「組織が最後まで面倒みますから、何も考えずに仕事し異動して転勤してください、という組織ならセルフアウェアネスは必要ありません。ですが、これからはそうはいきません。最後まで面倒をみることができなくなり、40代、50代で第2のキャリアを考えてほしいと早期退職を迫るケースが多発しています。このことはもうだいぶ前から薄々わかっていたにもかかわらず、多くの企業はいまだにこうした壮大な梯子外しをしています。本当の意味で従業員のエンゲージメントを高めたいと考えるならば、20代、30代から常に自分のキャリアを自分で考えられるよう、セルフアウェアネスを高める施策を講じることを選択するべきではないかと思います」

セルフアウェアネスを高める他者からのフィードバック

どうすれば、セルフアウェアネスを高めることができるのだろうか。鍵となるのは「フィードバック」だ。

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:2,485文字

/

全文:4,970文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!