J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2021年01月刊

特集│HR TREND KEYWORD 2021│人│セルフアウェアネス 鍵はフィードバックにあり。 他者を通じて自己を知る

近年、「セルフアウェアネス」という概念が注目を集めている。
自己認識、自己理解の大切さは、古くから言われてきたことであるが、なぜいま、あらためて重要視されているのだろうか。
ニューノーマル時代のセルフアウェアネスについて立教大学経営学部教授の中原淳氏に聞いた。

残り:3,976文字

/

全文:4,970文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

中原 淳(なかはら じゅん)氏
立教大学 経営学部 教授

立教大学経営学部教授。立教大学経営学部ビジネス・リーダーシップ・プログラム(BLP)主査、立教大学経営学部リーダーシップ研究所副所長などを兼任。
東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科、メディア教育開発センター、米国・マサチューセッツ工科大学客員研究員、東京大学講師・准教授などを経て、2018年より現職。
著書に『職場学習論』、『経営学習論』(共に東京大学出版会)、『研修開発入門』(ダイヤモンド社)、『マンガでやさしくわかる部下の育て方』(JMAM)など多数。

[取材・文]=井上 佐保子 [写真]=宇佐見 利明