J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2020年11月刊

特集 個人と組織の 「アウトプット力」を高める

「書く」「話す」「つくる」―それぞれの仕事を形にする「アウトプット」は、働く場所や時間が多様化したいま、いっそう重要性を増している。成果につながる「良質なアウトプット」はチームのパフォーマンス向上の土台となり、また個人にとっても、思考やインプットを「アウトプット」として形にすることは、「学びを成果に結びつける」自己成長のために必要であるといえよう。
アウトプットとインプットの関係、成果との違いは何か、質の高いアウトプットを出すために必要な個人の工夫とは。
チームでアウトプット力を高めていくための工夫や取り組みについて、識者の見解や企業の事例を聞いた。

Image by Vladislav Noseek/shutterstock.com

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!