J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2020年09月刊

連載 私らしく生きる 第13回 リスナーの〝今〟に思いを寄せて 嘘偽りのない態度で誠実に向き合う

ラジオDJとして、自身が選りすぐった古今東西の音楽の魅力をリスナーへと届けてくれるピーター・バラカンさん。
22歳でイギリスから日本へ、会社員時代を経てDJへ。様々な経験の中でバラカンさんが考えた仕事や人生への向き合い方とは。
また、コロナの時代に音楽ができることについて話を聞いた。

残り:3,042文字

/

全文:4,056文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

ピーター・バラカン氏
ロンドン大学日本語学科を卒業後、1974年に音楽出版社の著作権業務に就くため来日。
その後、フリーのラジオDJやブロードキャスターとしての活動を開始。
現在は、『Barakan Beat』(InterFM897)や『ウィークエンドサンシャイン』(NHK-FM)等でパーソナリティを担当。
著書に『魂(ソウル)のゆくえ』(アルテスパブリッシング)など。

[取材・文]=平林謙治 [写真]=中山博敬