J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年11月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 皆の思いと能力を引き出す 仕組みづくりが人事の役割

「バリューチェーン・イノベーター」を標榜する技術者派遣会社VSN。
派遣したエンジニアが、現場での技術サービスの提供にとどまらず、そこから1歩踏み出し、派遣先が抱える事業課題の発見・提案から改善策の実行までを行う独自のサービスを展開している。
顧客のニーズを汲み、期待値を超えて貢献できる“ 人財”をどう育てているのか。
「人財育成は自社の存在意義」と言い切る川崎健一郎氏に話を聞いた。

残り:4,323文字

/

全文:5,764文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


川崎 健一郎(Kenichiro Kawasaki)氏
VSN 代表取締役社長

生年月日 1976年7月15日
出身校 青山学院大学 理工学部物理学科

主な経歴
1999年 4月 株式会社ベンチャーセーフネット(現VSN)入社
2003年 2月 同社 IT 事業部長
2003年 3月 同社 取締役就任
2004年 3月 同社 取締役退任
2004年 4月 VSN 常務取締役就任
2004年12月 専務取締役就任
2010年 3月 代表取締役社長就任(現任)
2012年 3月 アデコ株式会社 取締役就任
2014年 6月 代表取締役社長就任(現任)

企業プロフィール
VSN
2004年、特定労働者派遣を事業目的に設立。技術者派遣に特化し、IT・情報システム分野、メカトロニクス・エレクトロニクス分野、バイオ・ケミストリー分野の3分野を中心に事業を展開。2012年よりアデコグループに参画。独自の「バリューチェーン・イノベーター」をめざした事業計画の取り組みにより、日本能率協会主催「KAIKA Awards 2015」にて「KAIKA賞」を受賞。
資本金:10 億6300万円、売上高:193億7900万円(2015年12月期)、従業員数:3064名(2016年4月1日現在)


インタビュー・文/崎原 誠
写真/山下裕之