J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2020年03月刊

気づきのエンタ ART 日本美術家列伝 〜室町〜江戸時代前期篇 狩野派の牙城を崩した苦労人・長谷川等伯

矢島 新(やじま あらた)氏

跡見学園女子大学教授。東京大学大学院博士課程中途退学。渋谷区立松涛美術館学芸員を経て現職。
専門は近世を中心とする日本宗教美術史。
著書に『日本の素朴絵』(ピエ・ブックス)、『マンガでわかる「日本絵画」の見かた』(誠文堂新光社)など。
ゆるカワ日本美術史』(祥伝社)など多数。

前回ご紹介した狩野永徳が桃山画壇の東の横綱とすれば、西の横綱は長谷川等伯である。永徳が英才教育されたエリートだったのに対し、等伯は田舎の仏画師から努力を重ねて画壇の頂点に上り詰めた苦労人である。ほぼ同世代の両者は、実に対照的な生涯を歩んだ。

等伯は能登の中心都市七尾(石川県七尾市)に生まれた。幼くして地元の染物屋に養子に出され、仏画も描いた養父の元で絵師を志した。七尾周辺には、20代に描いた仏画や肖像画が相当数残されている。

33歳のときに養父母を相次いで亡くしたことが人生の転機になった。妻子を連れて京都に移り住み、絵の世界での立身出世を目指したのである。30代半ばから40歳にかけての動向は詳らかではないが、狩野派や、雪舟の画風を引き継ぐ雲谷派などから水墨画を学び、やまと絵まで学習したらしい。出自に縛られない自由な立場が幅広い修業を可能にし、多彩なテクニックの習得につながったのだろう。

自ら名を売り、トップへ躍り出る

51歳の天正17(1589)年以降は史料に足跡が確認され、この年、利休が施主となって増築した大徳寺山門の天井画と柱絵や、同寺塔頭の三玄院の襖絵を描いたことが知られる。この襖絵制作については興味深い逸話が伝えられている。等伯は襖に描きたいと住職に願い出たが、寺は風雅の場ではないとの理由で断られた。そこで住職の留守中に寺に上がり込み、勝手に水墨画を描いてしまったというのである。現存するこの襖絵は通常は絵を描かない雲母刷り桐文様の唐紙に描かれているが、多少強引にでも有名寺院に襖絵を描くことで、名を売りたかったのだろう。

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:644文字

/

全文:1,288文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!