J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2019年11月刊

特集│CASE6│サトーホールディングス 独自文化「三行提報」を育成につなげる取り組みも “現場力”を発揮できる 人財育成のため データを一元化し人財を可視化

中期経営計画に基づく人財戦略ロードマップで「タレントマネジメント」に注力することを明文化したサトーホールディングス。
人事データベースの一元化とその活用、さらにその先を見据えた取り組みについて聞いた。

残り:2,220文字

/

全文:2,960文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

江上茂樹氏 サトーホールディングス 執行役員 最高人財責任者(CHRO)
森 麻子氏 サトーホールディングス 人財開発部 人事企画グループ グループ長

サトーホールディングス株式会社
1940年創業。バーコード・2次元コードやICタグ、音声・画像認識等による自動認識技術を活用した自動認識ソリューション事業を展開。
ラベルやラベルプリンター、ソフトウェア等の開発・製造、販売、保守サービスを行う各社を傘下に有する。
資本金:84億円(2019年3月31日現在)
連結売上高:1,162億円(2019年3月期)
連結従業員数:5,307名(2019年3月31日現在)

[取材・文]=瀧川美里