J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2019年11月刊

特集│OPINION 3 中原孝子氏 「 クロスオーバーの発想」や「定義化」が不可欠 求められるのは“プロフェッショナル” データ・ドリブン時代の人事スタイルとは

ここ数年、「データ人事」がホットワードとなっている。
タレントアナリティクスなど、マネジメント領域を中心に期待が高まるなか、活用につなげるには何が必要なのか。
今年、データ活用と人事戦略をテーマにした書籍の翻訳を手掛けた、中原孝子氏に話を聞いた。

残り:3,427文字

/

全文:4,569文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

profile
中原孝子(なかはら こうこ)氏
ATD 認定CPLP/インストラクショナルデザイン 代表取締役

ATD International Member Network Japan 副代表。
岩手大学、コーネル大学大学院、慶應義塾大学を経て、外資系メーカー、金融、システム企業でトレーニングマネジャーとして活躍。
以後、研修設計、実施のグローバルスタンダードであるインストラクショナルデザインを広めたい思いで2002年に独立。
インストラクショナルデザインの他、ATD CPLP(Certified Professional in Learningand Performance)の有資格者として、理論と実践を兼ね備えたパフォーマンスコンサルタントとしても活躍する。

[取材・文]=田邉泰子