J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年02月号

CASE 3 日立ソリューションズ 働きやすい環境整備を推進! 意欲の向上と人財の交流を促し、 組織と個人の能力を最大限に発揮させる

社員のモチベーションや組織内のコミュニケーションも、組織と個人のパフォーマンスに良い影響を及ぼす要素のひとつである。
「全ての施策の根幹はコミュニケーション」と捉え、モチベーションの向上やコミュニケーション活性化に全社を挙げて取り組んでいるのが、日立ソリューションズだ。
2016年9月に開始したワークスタイル変革運動により、その実現をめざす。

残り:3,206文字

/

全文:4,275文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


笠松哲也氏 オフィスマネージメントソリューション本部 HR ソリューション部 部長
盛井恒男氏 オフィスマネージメントソリューション本部 オフィスデータビジネス部 部長
中田駿介氏 人事総務本部 労政部労政グループ 主任

日立ソリューションズ
1970 年設立。日立グループの情報・通信システム事業の中核を担うIT企業。2010年10月に日立ソフトウェアエンジニアリングと日立システムアンドサービスが合併して発足、2015年4月の事業分割で現在の組織となった。最先端のITをベースとしたセキュリティー、クラウド・コンピューティング、ビッグデータなど豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせた「ハイブリッド インテグレーション」を進めている。
資本金:200億円、従業員数:単体5482名、連結1万1538 名(2016年3月31日現在)

[取材・文]=崎原 誠 [写真]=編集部