J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2019年11月刊

特集│OPINION 2 目的を明確にした最小限のデータの収集・活用が不可欠 日本のデータ人事を阻害する要因、 そして活用のステージとは

「日本におけるデータ人事の活用は、欧米に比べて周回遅れ」と話すEY アドバイザリー・アンド・コンサルティングの鵜澤慎一郎氏。
企業として一番大切な「人材の確保と活用」で手遅れになる前に、日本の人事はどのようにデータの活用を進めていけばいいのか、話を聞いた。

プロフィール

profile
鵜澤 慎一郎(うざわ しんいちろう)氏 
EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング ピープルアドバイザリーサービスリーダー
兼アドバイザリービジネスデべロップメントリーダー

事業会社での財務・人事・新規事業開発経験を経て2005年からコンサルティング業界に転身。
グローバルトップコンサルティングファームで一貫して組織・人事コンサルティングに従事し、主にグローバル人事組織設計・業務オペレーション改革・人事システム改革を手掛ける。
2017年4月より現職にて、日本のEYアドバイザリー組織の経営会議メンバー、人事・組織コンサルティング事業統括責任者、組織横断的な事業開発のリーダーを担う。

[取材・文]=平林謙治