J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年11月号

CASE 1 アサヒグループホールディングス 大チャレンジ! 次世代経営者育成に活用 幹部社員のキャリアパスや育成を AIと共に考える時代到来

アサヒグループホールディングスは、2017年5月より、AIからの提案をキー人材(次世代経営者候補)のキャリアパスや育成、タレントマネジメントに活かすという、世界でもまだ珍しいチャレンジを始めた。
同社は9月1日に行われたイベント「CONVERGE TOKYO 2017」で、「まだ緒に就いたばかり」と謙遜しながら概要を説明。
その発表内容から、AIをどのように活用しているのかについて、エッセンスを紹介する。

残り:2,944文字

/

全文:3,925文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


柴田 勝氏 
人事部門 プロジェクトシニアマネジャー

アサヒグループホールディングス
設立は1949 年。吸収分割を行ったアサヒビールが2011 年に商号変更。酒類を中核とする総合飲料食品グループとして、日本発の「強み」を活かすグローバルプレイヤーとして独自のポジションの確立をめざす。
資本金:1825 億3100 万円(2016 年12 月31日現在)、連結売上収益:1 兆7069 億円(2016 年12月期)、単体従業員数:285 名(2016 年12月31日現在)

[取材・文・写真]=編集部