J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2019年03月刊

スペシャルインタビュー 私のリーダー論 次世代リーダーは 個の声を聞き、力を引き出す “ファシリテーター”であれ

独自の素材、ソリューションを武器に、
長期経営戦略「2025年のありたい姿」の実現に向けて走り出したAGC。
経営環境、市場が急激に変化を遂げるなか、
あらたに求められる力―自主性や協創力―を伸ばすには、
どんなリーダーシップが必要とされるのか。
社長就任から5年目を迎える島村琢哉氏にインタビューした。

残り:3,606文字

/

全文:4,808文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

プロフィール
島村琢哉(しまむら たくや)氏
AGC 代表取締役 社長執行役員CEO

生年月日 1956年12月25日(62歳)
出身校 慶應義塾大学経済学部
主な経歴
1980年 旧旭硝子入社
2003年 アサヒマスケミカル社長
2010年 執行役員化学品カンパニープレジデント
2013年 常務執行役員電子カンパニープレジデント
2015年 代表取締役 社長執行役員CEO
現在に至る

企業プロフィール
AGC株式会社
1907年に日本で初めて板ガラスの国内製造に挑んだ岩崎俊彌が創業。30を超える国と地域において、ガラス・電子・化学品・セラミックスの4つのコア事業領域を展開。
資本金: 908億7,300万円(2018年12月31日現在)
連結従業員数: 5万4,101人(2018年12月31日現在)
連結売上高: 1兆5,229億円(2018年12月期)

取材・文/村上 敬 写真/中山博敬