J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年10月号

CASE 1 MSD リーダーの戦略的育成を支える 人財を早期発掘し、加速度的な育成を促進

世界的なヘルスケアメーカーの日本法人であるMSD。
強いリーダーを育成するという戦略のもと、大胆な人事施策を断行する。
経営を担う資質のある社員を早期に発掘して加速的に育成し、「キータレント」として経営陣と共に鍛え上げる。
同社の次世代リーダー育成、それを支える人事の決意、実行力とは。

残り:2,967文字

/

全文:3,956文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


太田直樹氏 取締役執行役員 人事部門統括 兼 人事部門長

MSD
2010年10月、万有製薬とシェリング・プラウの統合により設立。幅広い疾患領域において、革新的な医薬品やワクチンを開発・製造している。
資本金:263億4900万円(2015年4月1日現在)、売上高:3759億7900万円(2014年1 ~ 12月/薬価ベース)、従業員数:約3800名(2015年4月1日現在)。




[取材・文]=平沢真一 [写真]=田邉泰子