J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2019年03月刊

連載 私らしく生きる 第5回 ロコ・ソラーレ 代表理事 本橋 麻里 氏 強く深いコミュニケーションが 「好き」を貫き個性が輝くチームを生んだ

日本中を感動の渦に巻き込んだ、2018年平昌五輪女子カーリングチームの銅メダル獲得。あれから1年、ロコ・ソラーレは進化を続けていた! 新たな目標に向かって走り続ける本橋麻里さんに、当時の思いや今後について聞いた。

残り:3,161文字

/

全文:4,214文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

本橋麻里(もとはし まり)氏
1986年、北海道北見市(旧常呂郡常呂町)生まれ。12歳で本格的にカーリングをはじめ、2006年チーム青森のメンバーとしてトリノ五輪に出場、7位入賞。2010年バンクーバー五輪8位入賞。その後新チーム、ロコ・ソラーレを立ち上げ、2018年に平昌五輪に出場、銅メダルを獲得。現在は主にチームのマネジメントおよび後進の育成に携わる。『0から1をつくる 地元で見つけた、世界での勝ち方』(講談社)が発売中。

[取材・文]=平林謙治 [撮影]=山下裕之