J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2019年01月刊

特集1│HR TREND KEYWORD 2019│健康│ヘルスリテラシー 職場での取り組みが重要 「健康を決める力」を養うために 必要な社会や企業の役割とは

健康や医療に関連する分野で、最近、世界的に注目を集めているワードが「ヘルスリテラシー」だ。
ヘルスリテラシーの概要や現状について、聖路加国際大学大学院の中山和弘教授に聞いた。

残り:1,805文字

/

全文:2,406文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

Profile
中山和弘(なかやま かずひろ)氏
聖路加国際大学大学院 看護学研究科 看護情報学分野 教授
1985年東京大学医学部保健学科卒業、90年同大学院医学系研究科保健学専攻博士課程修了。以後、日本学術振興会特別研究員、愛知県立看護大学助教授などを経て、2004年より聖路加看護大学教授。適切な情報による意思決定や行動をケアする看護情報学、保健医療社会学を専門とし、ヘルスリテラシー、意思決定支援、ヘルスコミュニケーションやそのサポートネットワークなどについて研究を行う。サイト『健康を決める力』を運営。(http://www.healthliteracy.jp/)

[取材・文]=汐見 忍