J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2019年01月刊

特集1│HR TREND KEYWORD 2019│キャリア│キャリア学習 キャリアは生涯、発達・成長するもの キャリア教育から 主体的に学ぶキャリア学習へ

人生100年時代に必要なのは、どのようなキャリア教育だろうか。雇用や人的資源管理を専門とする石山恒貴教授に、不確実性と変化に対応するための新しいキャリア観について聞いた。

残り:1,814文字

/

全文:2,418文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

Profile
石山恒貴(いしやま のぶたか)氏
法政大学大学院 政策創造研究科 教授

一橋大学社会学部卒業、産業能率大学大学院経営情報学研究科修了、法政大学大学院政策創造研究科博士後期課程修了、博士(政策学)。NEC、GEにおいて、一貫して人事労務関係を担当、米系ヘルスケア会社執行役員人事総務部長を経て、現職。人的資源管理と雇用が研究領域。人材育成学会理事、フリーランス協会アドバイザリーボード。NPO キャリア権推進ネットワーク研究部会所属。著書に『パラレルキャリアを始めよう!』(ダイヤモンド社)、『越境的学習のメカニズム』(福村出版)など多数。

[取材・文]=谷口梨花