J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年10月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 一流企業創りの原点は“人” 経営理念の浸透で育てる人材

「夢ある未来を、共に創る」を経営理念に掲げるSCSK。経営トップは「グループ全社員が夢を持ち、それを実現できる一流の会社になる」と社員にメッセージを送る。これに深く共感し、人材開発施策で会社を未来へと牽引しているのが、SCSK人事グループ人材開発部人材開発課長の中藤崇芳氏だ。「人材マネジメントは会社経営の基本。企業の理念と方向性を社員に浸透させ、その理念を実現できる人材を育てたい――」。会社の転機を身近に経験してきた中藤氏だからこそ成し得る人材開発・育成の形がそこにはあった。

残り:3,516文字

/

全文:4,688文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

人事グループ 人材開発部 人材開発課長
中藤 崇芳(Takayoshi Nakatou)氏
1997年CSK(現SCSK)入社。西日本事業本部から経営管理部門、再生本部経営企画部などを経て、2011年人事部人材開発課長に就任。住商情報システムとの合併後、教育を通じて融合を推進。2012年人材開発部人材開発課長。

SCSK
ソフトウェアやシステムの開発・販売をはじめITインフラの構築、ITマネジメントなど、ITに関連するあらゆるサービスを提供。2011年住商情報システム(SCS)とCSKの合併によりSCSKに。
資本金211億5,200万円、連結売上高:2,786億3,400万円(2013年3月期)、社員数(連結):1万1,797名(2013年3月末現在)

取材・文・写真/髙橋 真弓