J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2019年01月刊

スペシャルインタビュー 私のリーダー論 リーダーは明るく。 どんなときも 顔を上げて歩け

新興国をはじめとする国や地域などの海外売上が増える一方、
顧客のニーズが急速に変わりゆく建設機械業界。
変化に対応し、ビジネスモデルを変革するには、“全体観をもつリーダー”を育成しなければならない。
次世代の建設機械ビジネスを牽引する日立建機執行役社長、平野耕太郎氏に
トップとしての心構え、人材育成論を聞いた。

残り:3,386文字

/

全文:4,515文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

プロフィール
平野 耕太郎(ひらの こうたろう)氏
日立建機 代表執行役 執行役社長

生年月日 1958年6月4日(60歳)
出身校 中央大学法学部
主な経歴
1981年4月 日立建機入社
2013年4月 生産・調達本部副本部長
2014年4月 執行役
2016年4月 執行役常務 事業管理本部長
2017年4月 代表執行役 執行役社長
2017年6月 代表執行役 執行役社長兼取締役
現在に至る

企業プロフィール
日立建機株式会社
1970年設立。国内、海外の建設機械業界において屈指の事業規模を誇る。事業内容は建設機械・運搬機械および環境関連製品などの製造・販売・レンタル・アフターサービス。
資本金: 815億7,659万円(2018年3月末現在)
連結従業員数: 2万3,925名(2018年3月末現在)
連結売上高: 9,591億5,300万円(2018年3月末現在)

取材・文/村上 敬 写真/中山博敬