J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2019年01月刊

連載 私らしく生きる 第4回 女優・歌手 新妻 聖子 氏 つらいのはゴールが間近の証し 自分の居場所は自分でつくる

圧倒的な歌唱力をもち、ミュージカル界のみならず、テレビなど活躍の場を広げる新妻聖子さん。10代を過ごしたタイで学んだことや夢との向き合い方、母になって感じたことなどについて聞いた。

残り:3,245文字

/

全文:4,327文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

新妻聖子(にいづま せいこ)氏
1980年、愛知県生まれ。11歳から17歳までをバンコクで暮らした帰国子女。大学在学中の2002年、TBS「王様のブランチ」でタレント活動開始。2003年、5000倍のオーディションを勝ち抜き、初舞台でミュージカル「レ・ミゼラブル」エポニーヌ役を演じる。続く「ミス・サイゴン」ではヒロインのキム役を演じ、豊かな声量と表現力で来日した海外スタッフからも絶賛された。以降、ミュージカル界屈指の歌姫として活躍。第31回菊田一夫演劇賞、第61回文化庁芸術祭演劇部門新人賞受賞。全国11か所13公演行う「新妻聖子concert tour2019」が3月よりスタート。

[取材・文]=谷口梨花 [撮影]=山下裕之
[ヘアメイク] =酒井夢美 [スタイリスト]=小堂真里 
ピアス¥36,000(税別)/anapnoe、ワンピース・靴/スタイリスト私物