J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2018年07月刊

連載 私らしく生きる 第1回 畠山愛理氏 ムードメーカーが私の役割 つらくても笑顔を絶やさない

「フェアリージャパン」の愛称で知られる新体操日本代表のメンバーとして、ロンドンとリオデジャネイロ五輪に出場した畠山愛理氏。現役引退後もスポーツキャスターや新体操の指導者など、様々なフィールドで活躍し続けている畠山氏が考える自分らしさとは。

残り:1,145文字

/

全文:1,526文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

畠山愛理(はたけやま あいり)氏

1994年、東京都生まれ。6歳から新体操をはじめ、中学3年生の時にフェアリージャパンオーディションに合格。17歳の時、ロンドン五輪団体7位入賞。2015年世界新体操選手権では団体種目別リボンで日本にとって40年ぶりとなる銅メダルを獲得。2016年リオデジャネイロ五輪後に現役を引退し、現在は新体操の指導、講演、メディア出演など幅広く活躍。「サンデースポーツ2020」(NHK)などに出演中。

[取材・文]=谷口梨花 [写真]=野瀬勝一