J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年10月号

OPINION1 まずは「違和感」を自分の言葉で書き出すクセを あきらめない人間力で、 問題を見つけ、解く力の鍛え方

「意識的な努力と訓練の積み重ねで、誰でも考える力を伸ばすことができる」
そう語る上田氏。物理学の研究において、自らとことん考え抜く経験を重ねてきた同氏は、それを他人に伝授するため、考える力を鍛える訓練法を導き出した。
人生を楽しむため、豊かにするためにも欠かせない、その手法とは。

残り:3,284文字

/

全文:4,378文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


上田正仁(うえだ まさひと)氏
東京大学 大学院理学系研究科 物理学専攻 教授

1963 年、大阪市生まれ。東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)教授。88 年、東京大学大学院理学系研究科修士課程修了、博士(理学)。NTT基礎研究所研究員、広島大学工学部助教授、東京工業大学教授等を経て2008 年より現職。2012、13年に開講した講義「基礎方程式とその意味を考える」は、立ち見者が続出。考える力の鍛え方をテーマに、講演も多数行う。著書に『東大物理学者が教える「考える力」の鍛え方』(ブックマン社、PHP文庫)など。

[取材・文]=田邉泰子 [写真]=編集部