J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年09月号

今月のNEWS

Research

若手とベテランの仕事に関する意識調査 若手のモチベーションが最も上がるのは「就業時間内に業務を完遂すること」

●メディケア生命保険

メディケア生命保険は、2017 年5月「若手とベテランの仕事に関する意識調査」を実施し、全国の「20 歳〜29 歳の社会人歴5年未満の若手500 名」と「40 歳〜59 歳の社会人歴15 年以上のベテラン500 名」計1000 名の有効サンプルを取得。その結果を2017 年7月に発表した。

テーマは「若手とベテランの仕事観の違い」「若手とベテランの社内恋愛・社内結婚への意識の違い」「若手とベテランの年収額への意識の違い」「若手とベテランのリフレッシュ方法の違い」「若手とベテランの“すごい”ところ・“足りない”ところ」「理想の若手・ベテランのイメージに合う有名人」の6つ。

「若手とベテランの仕事観の違い」では、「どのようなことで仕事のモチベーションが高まるか」を質問。若手は「就業時間内に業務を完遂すること」(28.6%)が1位、続いて「事前の計画通り業務を完遂すること」(27.6%)、「難易度の高い業務を完遂すること」(26.8%)、「一緒に働くメンバーに感謝されること」(26.2%)、「お客さまに感謝される/笑顔がみられること」(25.0%)となった。ベテランは「難易度の高い業務を完遂すること」(30.0%)が1位、続いて「成果に見合った給料が貰えること」(28.2%)、「お客さまに感謝される/笑顔がみられること」(27.6%)、「事前の計画通り業務を完遂すること」(27.0%)、「就業時間内に業務を完遂すること」(20.8%)となった。若手はベテランより「給料」ではモチベーションが上がらず、「就業時間内や計画通りに終わること」でモチベーションが上がる人が多いことが分かった。

「若手とベテランのリフレッシュ方法の違い」では、平日のリフレッシュについて、実践したことのある方法を聞いたところ、若手もベテランも「業務中にお菓子を食べる・コーヒーやお茶を飲む」(若手47.0%、ベテラン64.8%)や「休憩中に昼寝する」(若手40.0%、ベテラン53.4%)が上位となった。若手とベテランを比較してみると、「休憩中にゲームで遊ぶ」(若手28.4%、ベテラン14.8%)では若手のほうが数値が高く、ゲームをリフレッシュのための効果的な手段としている若手が多い。一方、「思い切って午前休や時間休をとってから出勤する」(若手15.0%、ベテラン26.0%)ではベテランのほうが高い。前記の「業務中のお菓子・コーヒー」や「休憩中の昼寝」でもベテランのほうが高く、ベテランがうまく息抜きをして日々の仕事に臨んでいることが分かった。

「若手とベテランの“すごい”ところ・“足りない”ところ」について、若手がベテランに対してすごいと感じているのは「業務知識・能力」(58.8%)、「社内での立ち回りの上手さ」(36.0%)、「人脈(顔の広さ)」(34.2%)、「顧客との駆け引きの上手さ」(26.0%)となった。一方、ベテランは若手の「自分の意見を言える・通す力」(10.4%)、「業務知識・能力」(10.0%)、「様々なものから学びとることのできる吸収力」(9.6%)、「社内での立ち回りの上手さ」(9.4%)、「責任感(最後までやり遂げようとする意思)」(9.2%)などについてすごいと感じていることが分かった。また、若手がベテランに不足していると思う能力の1位は「気持ちを察する力」(19.2%)、これに対しベテランは「業務知識・能力」(26.6%)となった。

問い合わせ

メディケア生命保険 市場戦略部

TEL:03-5809-8724

Research

平成28年版 働く女性の実情 女性の就業状況を示す「M字カーブ」を地域別に分析

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:1,514文字

/

全文:3,028文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!