J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年01月号

JMAM通信教育優秀企業賞 表彰企業事例報告 サニクリーン九州 学びを支える風土が生んだ 通信教育の新しい活用法

「学ぶ風土」を醸成している組織に贈られる「通信教育優秀企業賞」。
ここで紹介するのは九州全域で事業を展開し、法人約16万件、一般家庭約11万軒の顧客を、60の営業拠点でサポートするサニクリーン九州。
29年前から通信教育を導入し、自己啓発に活用し続けてきた同社は、5年前に「KIREI革命」をテーマに一大改革を断行した。
そんな同社の取り組みを、常務取締役の榛葉守氏と人財開発室マネージャーの織田育也氏に伺った。

残り:2,660文字

/

全文:3,547文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール



榛葉 守氏 常務取締役 人事本部長
織田育也氏 人財開発室マネージャー

企業プロフィール:サニクリーン九州
1967 年、株式会社サニクリーン福岡を設立し、ダストコントロール事業を開始。
1986 年、株式会社サニクリーン九州に商号を改称、環境衛生商品のレンタル・販売をはじめとして幅広い事業を展開する。資本金:1 億円、売上高:199 億円、従業員数:1610 名(2015 年6 月末現在)
取材・文/竹林篤実 写真/サニクリーン九州提供、JMAM