J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年07月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 教育は人事制度の柱。 人が育って初めて人事制度が回る

オフィスから工場、水道・エネルギー設備まで、あらゆる施設で使われるバルブなどの流体制御機器を手掛けるキッツ。国内のみならず、アジア、アメリカ、ヨーロッパ各地に製造・販売拠点を持ち、世界規模で事業を展開するグローバル企業である。そんな同社の発展を人事、教育制度の構築で支えてきたのが、管理本部 総務人事部 人材開発グループ長の海治勝氏だ。「教育は人事制度の柱であり、人が育って初めて人事制度が回る」と語る海治氏は、ビジネス拡大につながる人材の育成をめざし、DNAの継承と教育に取り組んでいる。

残り:3,570文字

/

全文:4,760文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

管理本部 総務人事部 人材開発グループ長
海治 勝(Masaru Umiji)氏
1989 年北沢バルブ(現:キッツ)入社。1992年KITZ Corporation of AMERICAに赴任。
帰国後、人材開発課、総務人事部を経て、2001年人材開発グループ長に就任。1990年代後半以降、教育体系や目標管理制度を構築し、同社の人事制度の基礎をつくり上げた。

キッツ
1951年設立。バルブをはじめとする流体制御機器などの製造・販売を中核事業とする。建築設備や水道・給水設備、ガス・エネルギー設備、産業機械・生産設備など、幅広い分野で製品が使われている。
資本金: 212 億700万円(2014年3月期)、連結売上高:1170 億3600万円(2015年3月期)、連結従業員数:4032名(2015年3月末現在) 

取材・文/髙橋真弓 写真/編集部