J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年05月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 合併を乗り越えグローバル化へ 育成制度に新たな価値を付ける

ホンダロックは、自動車やバイクのキーやドアミラー、ドアハンドルなどの製品を研究・開発から製造まで一貫して行い、完成車メーカーに供給している企業だ。創業者本田宗一郎の意志「世界に通用するキーロックメーカーへ」を引き継ぎ、高付加価値製品の開発生産に取り組んでいる。同社は成長の過程で、合併という手法もとってきたが、人事部長を務める遠山猛氏は合併企業の1つ、旧松山製作所の出身。合併による環境の激変を乗り切り、急激なグローバル化にも対応し、自らを伸ばしてきた秘訣について伺った。

プロフィール

管理本部 人事部 部長
遠山 猛(Takeshi Toyama)氏
1980 年松山製作所に入社、1996 年に同社がホンダロックと合併後、川越工場管理課総務係係長に。2001 ~ 2003 年にアラバマ等の海外拠点でグローバル経理人材の育成に携わる。帰国後、2005 年から経理部課長、部長を歴任、2013 年より人事・総務部部長を経て、2014 年に人事部部長就任。

ホンダロック
1962年、本田宗一郎によって創設。創業以来、人間性を尊重し、個人の自由なアイデアによる自動車部品の開発・製造を行う。現在は国内6拠点・海外7カ国12拠点で開発から生産・販売を機能的に結びつけ、企業活動をグローバルに展開。
資本金:21億5000万円、売上高:364億円、従業員数:971名(いずれも2013年12月末時点)

取材・文・写真/竹林篤実