J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年06月号

読者提言 論壇 部下を活かすも潰すも課長次第~部下を幸せにする課長は何が違うか~

人間力とは、信頼関係を築くうえで重要な要素であるが中でも課長と部下の信頼関係は、永遠のテーマの1つである。課長と部下は、大抵の場合、お互いがお互いに対して、「望むことをしてくれない」という思いを抱えているものだ。それでは、日々の仕事に悪影響が及ぶ。良い仕事を生む両者の関係性には、何が必要なのだろうか。

残り:3,276文字

/

全文:4,095文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

井戸川 寿義(いどがわ・ひさよし)氏
日本能率協会マネジメントセンター 研修ラーニング事業本部 研修プログラム開発部シニアHRMコンサルタント
1983 年大学卒業後、日産自動車入社。人事部門、工場労務人事、国内営業部門、リケンテクノス株式会社人事部門を経て現職。組織改正、評価、人事制度改定、人材開発など、メーカーの人事業務に従事。現在は、研修プログラムの開発業務とともに研修の講師として自動車、電機、医薬品、不動産、精密機械、化学、食品、情報通信ほか多数の企業に赴きマネジメント、リーダーシップ、問題解決などをテーマにした研修を行う。2012 年5月に書籍『部下を幸せにする課長、不幸にする課長』(JMAM /刊)を上梓予定。