J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年11月号

OPINION 2 社会人の“学び直し”の場へ MOOCは企業内教育をどう変えるか

残り:3,119文字

/

全文:4,159文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

福原 美三(ふくはら よしみ)氏
1954年生まれ。1976年、慶應義塾大学工学部卒業。同1978年工学研究科修士課程修了、1999年京都大学大学院情報学研究科博士後期課程単位取得修了。1978年、日本電信電話公社横須賀電気通信研究所入所後、NTT情報通信研究所、NTT-X取締役、NTTレゾナントに所属。専門領域は教育工学・e-Learning。2005年4月より慶應義塾大学DMC総合研究機構教授、2011年4月より明治大学研究・知財戦略機構特任教授、2013年よりJMOOC事務局長に就任、現在に至る。

ハーバード大学、スタンフォード大学、MIT他、世界の一流大学の人気授業を無料でオンライン受講できると、世界中で急拡大しているMOOC。「MOOC革命」と称されるほど高等教育界に大きなインパクトを与えているが、今までのオンライン教育と何が違うのか。また、企業内の人材育成に活用する方法とは。日本版MOOCサービス、JMOOCの事務局長である福原美三氏に聞いた。

[取材・文]=井上佐保子 [写真]=編集部