調査レポート リーダーシップ開発の一番の障害は 評価システムの欠如にある

世界のシニアマネジメント1573人に対して実施されたリーダーシップ開発調査において、リーダーシップ開発におけるもっとも大きな障害は、リーダーシップの発揮を測る明確な評価基準がない点であることが明確になった。企業がリーダーシップ育成プログラムを推進するには、設計から評価までの明確な評価基準の導入と、トップの積極的関与が不可欠なのである。

残り:1,500文字

/

全文:2,000文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン
TOPに戻る