J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年05月号

CASE 1 トヨタファイナンス 複数年かけて社内の価値観変容に挑戦 本気にさせるのは 徹底した内省と対話

トヨタグループの金融パートナーとして、1988 年に創立されたトヨタファイナンスは、人員構成のボリュームゾーンに当たる40・50 代向け施策を2012年から2015 年にかけて展開。
一定の成果を上げ、現在は次のフェーズに入っている。
同社の取り組みによれば、彼らを本気にさせるスイッチは心の奥底にあり、押すには周囲の関わりが重要なようである。そのココロは。

残り:4,985文字

/

全文:6,646文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


矢田真士氏 人事部 部長
馬渕祐司氏 人事部 人材開発グループ グループマネージャー

トヨタファイナンス
1988 年設立。世界35 以上の国・地域で2300 万人を超える顧客に金融サービスを提供するTFS(トヨタファイナンシャルサービス)グループの中核企業。国内の個人・法人顧客向けに多角的な事業展開を行う。資本金:165 億円、連結売上高(営業収益):1528 億9600 万円(2016 年3月期)、連結従業員数:1773 名(2016 年3月現在)

[取材・文]=渡辺清乃 [写真]=編集部