J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年05月号

SPECIAL COLUMN 女性にも男性にも訪れる! 人事が知っておきたい 40代からの心と体の変化

更年期を迎えた社員を、人事はどうサポートすべきなのか。
女性が社会で活躍することが当たり前となり、企業も対策を講じるべき時代が到来しているといえる。
男性もまた、ひそかに更年期症状に悩むケースが少なくない。
更年期の健康とキャリア問題に詳しい医学博士・有馬牧子氏に話を聞いた。

残り:3,396文字

/

全文:4,528文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


有馬牧子(ありま まきこ)氏
東京医科歯科大学 学生支援・保健管理機構 学生・女性支援センター 男女協働参画支援室/保育支援室 助教

2000 年、米ボストン大学医学部公衆衛生学科卒業。ブリガム&ウィメンズ病院を経て、2006 年、東京医科歯科大学大学院卒業、医学博士号取得。国家認定キャリアコンサルタント。NPO 法人女性の健康とメノポーズ協会理事。2008 年、第7回更年期と加齢のヘルスケア学会学術奨励賞。2013 年、国際ソロプチミスト鹿児島・日本財団女性研究者賞受賞。2015 年度内閣府女性のチャレンジ賞受賞。専門は公衆衛生、キャリア開発、男女共同参画、ワーク・ライフ・バランス、職務満足度、リーダーシップの向上等。女性が仕事と生活を両立できる環境づくりについて、医学的見地から研究を進めている。

[取材・文]=田邉泰子 [写真]=有馬氏提供