J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年05月号

OPINION2 まだまだ伸びしろ、優位あり 40代の能力・人格変化と 人生の危機の乗り越え方

精神科医・心理学者のユングは、30 代後半から40 歳ころを「人生の正午」、40 代~高齢期までの中高年期を「人生の午後」と位置づけている。
人生の正午から午後にかかる40 代とは、具体的に、能力や機能、感情といった面でどんな変化がある時期なのだろうか。
発達心理学と老年心理学を専門とする髙山緑氏に聞いた。

残り:3,351文字

/

全文:4,468文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


髙山 緑(たかやま みどり)氏
慶應義塾大学 理工学部外国語・総合教育教室 教授

慶應義塾大学大学院社会学研究科修士課程修了、東京大学大学院教育学研究科博士課程修了。博士(教育学)。臨床心理士。現・東京都市大環境情報学部助教授などを経て現職。発達心理学やジェントロジー(加齢学)を専門とする。主な著書に『老いのこころ-加齢と成熟の発達心理学』(共著・有斐閣)など。

[取材・文]=佐藤鼓子 [写真]=編集部