J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年02月号

CASE 2 クレディセゾン 360度評価“MAP”を自社開発 「夢中力」という独自の指標で 気づきを促し、行動を変える

“会社が求める人材”を追求し、その指標にこだわった360度評価を自ら開発したクレディセゾン。
「夢中力」を含めた指標による自他評価で、社員の気づきとパフォーマンス向上を促す。
その具体的な仕組みを聞いた。


松本 憲太郎氏 戦略人事部長

クレディセゾン
1951年設立。クレジットカードをはじめとしたカードビジネス、ソリューションビジネス、ファイナンスビジネス等幅広く展開。「社員の成長=会社の成長」と捉え、人材育成や女性活躍に関する取り組みにも力を入れる。
資本金:759 億2900万円、営業収益:2287億円(2016 年3月期)、従業員数:2163名

[取材・文]=汐見 忍 [写真]=クレディセゾン提供、編集部

●MAPの狙い 360度評価でパフォーマンスを高める

クレジットカードビジネスをはじめ、ネットビジネスやファイナンスビジネス等を幅広く展開しているクレディセゾン。同社では360度評価「MAP(夢中力アセスメントプログラム)」を開発し、2012年より導入している。MAPは、職務行動について、周囲のメンバーが観察・評価を行うオリジナルの評価プログラム。同社独自の指標を基に各人の特性を分析し、現在の職務における行動の発揮度合いを測定することで、各人の特徴を見つけ、パフォーマンス向上につなげるのが狙いだ。

独自の指標とは、「夢中力」と「BQ(=ビジネス感度)」。「夢中力」とは、目的に向かって情熱を継続する力、どんなことにも夢中になれる力、自分と組織を成長させる力のこと。「BQ」は、IQ(知性=論理的思考能力・知力)、EQ(理性・人間性=自分や周囲とのコミュニケーション・対人関係能力)、SQ(感性=外的刺激に対する感受能力やひらめき、気づき、観察力、直観力)を掛け合わせたものを指す。

戦略人事部長の松本憲太郎氏は、こう説明する。

「360 度評価は、もともとマネジャーを対象に人事評価の参考情報にするために行っていました。しかし、オリジナルのものではなかったので、もっとクレディセゾンらしいものをつくって、社員全員を対象に導入したいと考えるようになりました。弊社では、2000 年代前半から、“夢中になれば何でもできる”という考えの下、『夢中力』という言葉を重視し、採用選考の中でも『夢中力タイプ』の診断を行っていました。ですから、この『360度評価』と『夢中力タイプの診断』をミックスさせて、社員が自分の強みや弱み、特徴を知って、行動変容につなげられるような仕組みにできないかと考えたのが、当社オリジナルのMAP誕生のきっかけといえます」

夢中力タイプとは、もともと同社内で活躍している人材100人程度をピックアップし、共通する特性をデータ化して、7つのタイプに分けたものだ。採用選考における夢中力タイプの診断は、合否に直結するわけではないが、人材のタイプをバランスよく採用したり、社風に合い、なおかつ活躍できる人材かどうかの参考にするために活用している。

一方、360度評価では、自分が周りからどう見えているのかを知ることができる。

「同じ人でも、例えば部署が変わると、評価が変わることは決して珍しくありません。周囲の環境や人との関係性は絶えず変化しますから、その中で、自分をさらに進化させていくというのがMAPの考え方です」(松本氏、以下同)

自分に見えている自己と周囲から見た自己の違いという気づきにより、行動を変え、自己成長につなげていくという、「ジョハリの窓」の考え方を参考にしている。

「現時点では、人事評価には一切使用していませんから、報酬と連動することもありません。異動の参考にしている程度です。だからこそ、皆、本音で相手を評価できるというのもあるし、評価される側も素直に結果を認め、受け入れることができている面もあると考えています」

●具体的内容と仕組み 28の設問で夢中力・BQを診断

では、MAPは具体的に、どのように進めていくのか。診断はWeb上で28の質問に回答する形で行う。全社員に専用のWebサイトがあり、本人が自分を評価してくれる観察者(上司・同僚・部下)5~7人をシステム上で選定。観察者は、基本的に仕事で近い関係にある社員で、他部署の社員も含まれる。

毎年11月に観察者を選定し、12月から1月にかけて回答、2月に結果をフィードバックする。フィードバックシート(図1)には、回答を基にした「夢中力タイプ」と「BQ」の診断、それに「あなたへのエール」などが一覧表の形で表示される。

■夢中力タイプ

前述した、同社で活躍する人材に共通する行動特性を見える化したもので、「7つの夢中力タイプ」を設定している(図2)。

フィードバックシートでは、本人が思う自分と、周囲から見たその人の両方のタイプが表示される。

■BQ(ビジネス感度)

回答からSQ、EQ、IQの3要素のバランスを測定し、本人の認識と周囲からの観察結果の両方をフィードバックする。なお、実際の28の設問は、SQ、EQ、IQのそれぞれを具体的な4~5の項目に落とし込み、つくられている。

「例えばSQの『失敗を恐れず攻める』という項目には、『未経験のことにどんどんチャレンジしている』、EQの『責任を果たす』の項目には、『メンバーが気持ちよく仕事ができるよう、モチベートしている』などの設問があります。この28の設問の内容は毎年検証して、見直しています。フィードバックシートでは、設問・項目ごとのスコアや平均点なども細かく表示しているので、項目別に自分の強み・弱みが把握できるようになっています」

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:1,952文字

/

全文:3,903文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!