J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年02月号

CASE 1 ギャップジャパン 毎月の面談で仕事のやりがいや中長期の目標を確認 自己との対話を評価基準に 主体性を育むGPS制度

ギャップジャパンは2013年、相対評価制度を廃止し、上司が部下の中長期の目標をきめ細かく確認するGPS制度を導入した。
目的は、変化の激しい環境に振り回されず活躍できる人材の育成、そして組織のパフォーマンス向上だ。
他人との比較ではなく、自己との対話を重視する、新たな時代の評価基準とは。

残り:3,614文字

/

全文:4,819文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


佐藤陽子氏 人事部 シニアマネージャー

ギャップジャパン
米国最大のアパレルメーカーの日本法人。
1994 年12月設立。デニムが中心のカジュアルなGapのほか、Banana Republicなどのブランドを展開する。
従業員数:約8200名(2016年10月末現在)

[取材・文]=佐藤鼓子[ 写真]=編集部