J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年01月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 「やってみなはれ」に 込められた人づくりの本質

「キャリア支援企業表彰2013」において厚生労働大臣表彰企業として選定されるなど、社員の成長支援で評価を受けているサントリー。
2015 年には人材育成を強化するため、「サントリー大学」も開校した。
その根底にある哲学「やってみなはれ」の言葉に込められた人材育成に関わる思想を、鳥井信吾副会長に聞いた。

残り:4,319文字

/

全文:5,759文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


鳥井信吾(Shingo Torii)氏
サントリーホールディングス 代表取締役副会長

生年月日 1953年1月18日
出身校 甲南大学理学部、南カリフォルニア大学大学院修了
修士(M.S.) (微生物遺伝学)

主な経歴
1980年 4月 伊藤忠商事 入社
1983 年 6月 サントリー 入社 
      京都ビール工場、山崎ウイスキー工場 勤務
1987年 9月 大阪工場長
1992年 3月 取締役
1994 年10月 生産第1部長(ウイスキー担当)
2001年 3月 代表取締役専務取締役、SCM本部長
2003年 3月 代表取締役副社長
      生産研究部門担当、マスターブレンダー
2014年 5月 米国ビームサントリー 取締役
2014年10月 サントリーホールディングス
      代表取締役副会長
現在に至る

企業プロフィール
サントリーホールディングス
創業1899年。酒類や飲料を中心に幅広い事業をグローバルに展開。創業以来、受け継がれている「やってみなはれ」の精神がその原動力である。
資本金:700 億円(2015年12月31日現在)、連結売上高:2兆6868億円(2015年12月期)、連結従業員数:4万2081名(2015年12月31日現在)

インタビュー・文/竹林篤実
写真/大島拓也