J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年12月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 マイルストーンがやる気と安心を生む 組織を元気にする〝仕組み〞を考案

電子機器には欠かせない組込みシステムを手掛けるイーソル。
今では入社直後から中堅、管理職までの階層別研修が体系化され、人材育成の仕組みが確立された同社だが、数年前までは育成は現場に一任され、社員の意欲やチームの結束力にバラつきがあったという。
「どの社員にとっても、会社で過ごす時間が、豊かな人生の一部であってほしい」という強い思いを持ち、ほぼゼロの状態から人が育つ風土を築き上げた澤田氏。彼女は組織改革において、「継続の仕組み」を最重要視する。
その理由とは。

残り:3,835文字

/

全文:5,113文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


イーソル
管理部 人材開発担当課長
澤田綾子 (Ayako Sawada)氏
1999年エルグ(現イーソル)に入社。ソフトウェア事業部にエンジニアとして所属し、自社製品開発プロジェクトのメンバーとなる。その後、エンベデッドプロダクツ事業部で自社製品のカスタマイズ、顧客サポート、取引先へのトレーニングなどを担当。出産・育児休業を経て現職。2児の母でもある。

イーソル
1975 年設立。情報家電製品、車載情報機器、人工衛星など、数多くの組込みシステムへの採用実績のある組込みOS・開発環境などの自社製品の開発や販売を中心に、オリジナルのシステム開発、流通システムソリューションの提供等を行う。国内主要メーカーをはじめ、多くの企業との取引実績を持ち、日本の製造業を支える存在といえる。
資本金:2億6500万円、売上高:54億4100万円(2015 年12月期)、従業員数:366名(2015年12月現在)

取材・文/田邉泰子 写真/編集部