J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年12月号

CASE 1 野村證券 社内の実態に合ったテーマ選定で受講満足度9割を実現 明快な3つのメソッドが効く アンガーマネジメント研修

野村證券では、2015年より人権啓発活動の一環として、全社員対象のアンガーマネジメント研修を行う。
怒りのメカニズムに沿った具体的なメソッドにより、パワハラの予防だけでなく、組織活性化の効果も期待できる。
研修担当者に、実施上のポイントを聞いた。

残り:3,263文字

/

全文:4,351文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


前田暁史氏 人権啓発室長

野村證券
1925 年設立。野村徳七によって設立された大阪野村銀行証券部が独立したのが始まり。証券業務における野村ホールディングスの中核会社である。
「規律ある行動と企業家精神」を行動規範に掲げ、顧客第一の精神で事業を展開する。
資本金:100 億円、営業収益:7468 億円(2016 年3月期)、従業員数:12902名(2016年3月現在)

[取材・文]=田邉泰子[ 写真]=編集部