J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年12月号

OPINION2 レジリエンス ストレスにしなやかに適応し、 立ち直る力を身につける

仕事で失敗したり、職場の人間関係がうまくいかなかったり、将来に不安を感じたり……。
人は大きなストレスを感じると、落ち込んだり、気持ちがいら立ってしまうことがある。
そんな時、自分の心理状態を速やかに元に戻す力が「レジリエンス」(精神的回復力)だ。
近年、注目の高まるレジリエンスの基本と企業における取り組み方について、レジリエンス・トレーニングの専門家である久世浩司氏に話を聞いた。

残り:3,714文字

/

全文:4,952文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


久世浩司(くぜ こうじ)氏
ポジティブ サイコロジー スクール 代表
ポジティブ サイコロジー スクール 代表。
慶應義塾大学卒業後、P&Gでの勤務を経て、ポジティブ心理学の実務家を育成する社会人向けスクールを設立。応用ポジティブ心理学準修士課程修了。専門はレジリエンス。企業向けのレジリエンス研修は、NHK「クローズアップ現代」などで取り上げられ、注目された。著書に『「レジリエンス」の鍛え方』(実業之日本社)、『一流の人なら身につけているメンタルの磨き方』(宝島社)など多数。

[取材・文]=崎原 誠  [写真]=菊池壯太